6-6

眼科診察の流れ

Step ①受付

初診の場合は保険証と医療証、また、他院からの紹介状や検査結果の書類がある場合はそれらもあわせて提出します。

再診の場合は、診察券を提出します。月初めの受診の際には、保険証の提出が必要です。

Step ②問診

問診では、いつごろからどんな自覚症状があり、その症状がどのように変化してきたか、これまでにどんな病気にかかったことがあるか、どんな生活状況か、同じような病気をもつ家族がいないかなどを質問します。また、初診の場合、患者が問診表に記入してから診察を受けるのが一般的です。

Step ③眼科検査

医師の診察の前に、視力検査、眼圧検査や屈折検査などの検査を行います。これらは内科での血圧測定にあたる基本的な眼科検査です。その後、症状に応じてそのほかの検査を行います。

Step ④診察

医師が検査結果や問診内容を確認し、診察室にてスリットランプなどを用いて眼の状態を詳細に診察します。その後、患者に診断結果や今後の治療方針を伝えます。医師の指示により、さらに追加検査を行う場合もあります。

Step ⑤追加検査 及び 治療

当日可能な追加検査があれば、再び検査員が検査を行いますが、内容によっては後日検査となる場合もあります。
また、コンタクトレンズを初めて使用する患者の場合、診察後にコンタクト装用練習を行います。

Step ⑥会計・処方箋

受付と同じ場所で、会計と処方箋のお渡し、次回の予約を行います。処方箋は、会計時に窓口で薬を受け取る院内処方と、診察を受けた病院で処方箋をもらい、調剤薬局で薬を受け取る院外処方があります。