6-10

病院と診療所(クリニック・医院)の違い

医療機関は一般的に「病院」と「診療所(クリニック・医院)」の2つに分けられます。

病院とは、複数の診療科と20以上の病床を持つ医療機関のことを指します。さらにそこから、先進的な医療に取り組む国立病院、大学病院、企業立病院といった大規模病院や、地域医療を支える中核病院、地域密着型病院などの種類に分けられます。

診療所には、病床数が1~19の有床診療所と、病床を持たない無床診療所のほか、いわゆる「歯医者」の歯科診療所があります。身近な疾患は診療所、重症疾患は病院と役割が分かれていることで、患者の誰もが適切な機関で適切な治療を受けることができます。

病院 診療所(クリニック・医院)
法律(医療法)による違い

20床以上

※「総合病院」の場合は、100床以上

19床以下

医師の数

3人以上

※患者数に応じて変動
※医師・看護師・薬剤師などについて最低限配置しなければならない人数の規制

1人以上

※管理者たる医師1名のほかは特に数の基準はない。

スタッフの数
医師・看護師・薬剤師などについて最低限配置しなければならない人数の規制がある。
管理者たる医師1名のほかは特に数の基準はない。
一般的な役割
専門医療、救急医療、高度医療
初期対応、かかりつけ医
診療科目
複数科
単科が多い
分類(種類)
・国立病院
・大学病院
・企業立病院
・地域医療を支える中核病院
・地域密着病院
・眼科専門病院
・有床診療所
・無床診療所
・歯科診療所