Activity 7所要時間30分

テキストコミュニケーション

見積書や報告書などのアナログツールから、メールやチャットツールのデジタルツールまで、業務では様々なテキストコミュニケーションがあります。それぞれの使い方や業界特有のルールを理解し使い分け、円滑で効果的なコミュニケーションを目指しましょう。

Chatter ガイドライン

社内で使用する目的

情報共有による生産性向上。アウトプットすることで影響力や事故にもつなげる。

名乗りのルール

投稿先がエリアを越える場合には「部署名_名前」を記入してください。

アクションとリアクション

積極的に投稿しましょう。また、他者の投稿を読んだら必ず「いいねボタン」で承認しましょう!

TrainingChatterを実際に使ってみよう

最近の投稿チェック

○ 営業日報の作成
○ 営業所会議への参加
○ 上司への相談・連絡・報告

入社のご挨拶 初投稿

○ 練習として投稿を行う
○ ひと言自己紹介
○ エリア越えの名乗りのルールを確認

メール ガイドライン

ドクター宛てメールの敬称

医療業界特有の宛先の書き方があります。
「御机下 ( ごきか )」(※サイト参考) 「御侍史 ( おんじし )」(※サイト参考)

模範回答はない

当たり前ですが、「こう書けば正解」とい模範回答はありません。心から感謝を示す、他の人の興味関心にあわせる、相手を考慮するなど最低限のマナーを意識し、定型分に頼りすぎないようにきをつけましょう。

Trainingメールを作成してみよう

ドクター宛てメールを書いてみよう

○ 訪問アポイントメント
○ ドクター直接のアドレスで秘書を介さない

入社のご挨拶 初投稿

○ 練習として投稿を行う
○ ひと言自己紹介
○ エリア越えの名乗りのルールを確認

Point

1.事前に宛先を登録しておく
2.件名は具体的かつ簡潔に
3.名前はフルネームで書く
4.文章に時間の概念を持たせない
5.改行して見やすくする
6.日時の表記は省略せず正確に
7.伝えたい内容に適した表現を使う
8.フッターの基本情報は省略しない