Chapter 5 営業所オペレーション

5-1

オリエンテーションの流れ

No. 内容 内容 / 参照資料
5-1-1 社員紹介
5-1-2 営業所の歴史 -
5-1-3 ゴールイメージの共有 Chapter 1 プログラムガイドへ
5-1-4 提出書類の確認 Chapter 4 コーポレートシステムへ
5-1-5 出退勤方法(TimePro) Chapter 4 コーポレートシステムへ
5-1-6 設備案内(所内設備、駐車場) -
5-1-7 通勤方法の確認 -
5-1-8 災害時対応の確認(連絡先共有) 営業所による
5-1-9 日報作成(Selsforce) Chapter 4 コーポレートシステムへ
5-1-10 小払い精算の方法 -
5-1-11 トレーニングスケジュールの案内 Chapter 1 プログラムガイドへ
5-1-12 眼科市場・環境の紹介 -
5-1-13 営業所業務説明

5-2

営業所業務説明

Training ①高度管理医療機器販売業・貸与業の理解

○ 医療機器を扱う上での許可と遵守事項があることを知る

Goal

医療機器のクラス分類(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ)を理解する

Training ②入荷商品の検品

○ 箱潰れなどの外観の確認
○ 検品、仕分け業務
○ 滅菌期限、シリアル、型番などの確認

※商品の簡単な説明を行い知識習得に活かしましょう
Goal

○ 中身の商品を傷つけずに開梱できる
○ 入り数を把握し伝票と突き合わせができる
○ 型番/LOT/SN/滅菌期限の区別ができる
○ 検品した商品を各担当者別に振り分けられる

Training ③納品準備・納品書発行

○ 入荷済み商品を正確に納品するための準備
○ 社内販売管理(エントランス)システムの納品書発行

Goal

○ 受注票と仕切書の突き合わせができる
○ 指定の金額でエントランス売上伝票発行ができる
○ 売上伝票と納品物の突き合わせができる

Training ④カタログの整理・発注・活用

○ 各メーカー/製品(新製品)の把握
○ カタログ補充の運用手順
○ カタログの活用方法

Goal

○ 指定商品のカタログを速やかに準備できる
○ カタログ補充ができる
○ 売上伝票と納品物の突き合わせができる
○ カタログから仕様を読み取ることができる

Training ⑤メーカー担当者との交流

○ メーカー担当者の把握
○ 各メーカー取り扱い製品の把握
○ 製品勉強会への参加による製品特徴の理解度向上

Goal

○ メーカー担当者へ自ら連絡をすることができる
○ メーカー×担当者×製品の関係を10個答えられる
○ 製品勉強会参加後、有用な情報をミーティング時に皆の前で発表する

Training ⑥見積書の作成

○ 市場価格(販売/仕入)の把握
○ 見積書フォーマット運用ルールの把握
○ 値付けの根拠を知る

Goal

○ 見積書作成ができる

※営業所長の承認がもらえる

Training ⑦代理納品

○ 納品スケジュールの作成
○ 主要な得意先ごとの納品ルールの把握
○ 安全運転の遵守

Goal

○ スケジュール通りに主要な得意先の納品業務ができる
○ 主要な得意先ごとのルールに基づいた納品ができる
○ 無事故/無違反の継続

Training ⑧眼内レンズの取り扱い

○ 販売形態(委託/貸出/まとめ)の把握
○ 高度管理医療機器としての取り扱いの理解

Goal

○ 先輩の代理としてIOL納品/補充/回収が完結できる
○ 担当者の代わりに自社/メーカーの棚卸ができる

Training ⑨社内申請書の作成

○ 事前申請の重要性
○ 内容を正しく伝える書き方(5W1Hに基づいた文章作成)

Goal

○ 一人で申請書の作成ができる

※営業所長の承認がもらえる

Training ⑩修理依頼品の手続き

○ 修理内容の把握
○ 修理業マニュアルにのっとった手順の把握(修理受付台帳など)

Goal

○ 修理依頼先を把握している
○ マニュアルにのっとった修理依頼ができる

Training ⑪学会への参加

○ 様々な学会に参加し、雰囲気、種類、展示、セミナーなどを実体験する
(日眼、手術学会、JSCRS、手術学会)

Goal

○ 主要学会のいずれかに参加し、有用な情報をレポートを通じて発信する

日眼/臨眼のどちらかが望ましい