7-2

医療業界特有のミス・トラブルをなくすための心構え

基本

1.清潔感のある服装

医療施設に入るにふさわしい服装、身だしなみを心がける

2.医療業界に貢献する

チーム医療の一端を担っている自覚をもち、社会貢献を心がける

3.施設訪問時はすべてに敬意を払い、気を配る

施設関係者のみならず、患者さまやそのご家族、クリニック環境にまで気を配る。困っている人に手を貸したり、ゴミを拾ったり、椅子を整えたりなど、細かい気配りを忘れない

4.日々、知識の吸収に努める

リィツメディカルの一員である以上、眼科医療業界のプロとして自覚をもち、自発的に学ぶ

5.常に医療業界の情報収集を行う

地域での流行病や感染症などを事前調査し、情報収集する

実務

1.自分の “間違い” が患者さまの生命にかかわることを自負する

我々の間違いが人命や患者さまの人生に大きくかかわることを強く意識し、常にリスクマネージメントを心がける

2.緊急・至急・早急には素早く対応

チーム医療に携わる人間として、緊急扱いの意識をもつのは当たり前のことですが、特に手術や修理関連案件の取扱いには注意する

3.受発注、納品起伝、請求のシステムをつくる

核施設の都合を最大限留意し、ミスやタイムラグが発生しないシステムを構築する

4.物品の取り扱いに十分注意する

我々が取り扱う物品はすべて人命にかかわるものだという意識をもつ

5.滅菌物品は管理ルールを徹底する

滅菌期限やロット番号、包装状況などの管理チェックを徹底して取扱う

6.自己防衛を心がける

感染症などに十分注意し、自分の身は自分で守る意識を持つ

7.関連法規を遵守する

公正競争規約などを熟知し、医療業界のコンプライアンスを理解する

対応

1.顧客からの様々な要望に備え、資料を事前準備する

カタログ、価格表、修理マニュアルなどは常に手元に準備し、迅速対応ができるよう心がける

2.関係各所や担当者名などを事前確認する

施設の担当者のみではなく、各取引先の物品管理部門や営業部門、修理部門を事前に把握しておき、迅速対応に備える

3.施設からの第一報を重視する

顧客からの連絡を受けたら、発注、問い合わせ、修理の何なのかをしっかり確認し、必ずメモに残す。さらに、先方へ復唱確認を行った後、関係各所への連絡指示を迅速に行う

4.すべてに対して即時対応の意識を

誤納品や遅納品であれば即時対応、修理であれば原状復帰対応をベースに、関係各所へ連絡指示を迅速に行い対応する

5.トラブルには誠意ある対応を

取次者(受付窓口)も対応当事者である心構えで、迅速解決に協力する