6-3-7

網膜・硝子体の病気

網膜・硝子体の病気

糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)

糖尿病網膜症は糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、日本では成人の失明原因の上位に位置します。糖尿病になってから数年から10年以上経過して発症するといわれていますが、かなり進行するまで自覚症状がない場合もあり、まだ見えるから大丈夫という自己判断は危険です。糖尿病の人は目の症状がなくても定期的に眼科を受診し、眼底検査を受けることが推奨されます。

糖尿病網膜症は進行の程度により、初期の「単純糖尿病網脈症」、そこから一歩進行した「前増殖糖尿病網膜症」、重症段階とされる「増殖糖尿病網膜症」の大きく3段階に分類されます。


参考資料(書籍名やWEBサイトなど)

糖尿病網膜症 - 目の病気百科|参天製薬
日本眼科学会:目の病気 糖尿病網膜症

網膜・硝子体の病気

網膜剥離(もうまくはくり)

眼球をカメラに例えると、網膜はフィルムにあたります。レンズに相当する角膜・水晶体から入った光がフィルムに相当する網膜に当たると、網膜はそれを電気信号に変え、視神経を介して脳に刺激を伝達し、その結果ものが見えます。網膜剥離は網膜が何らかの原因により眼球壁側から剥離したことを指し、治療法、経過はその原因により異なります。

網膜剥離のなかでは「裂孔原性網膜剥離」が最も多くみられ、網膜に孔(網膜裂孔・網膜円孔)が開いてしまい、目の中にある水(液化硝子体)がその孔を通って網膜の下に入り込むことで発生します。また「非裂孔原性網膜剥離」もあり、牽引性網膜剥離と滲出性網膜剥離に分類されます。牽引性網膜剥離は眼内に形成された増殖膜あるいは硝子体などが網膜を牽引することにより網膜が剥離して起き、重症の糖尿病網膜症などにみられます。滲出性網膜剥離は、網膜内あるいは網膜色素上皮側から何らかの原因で滲出液が溢れてきたために網膜が剥離してしまった状態で、ぶどう膜炎などでみられます。

裂孔原性網膜剥離の前駆症状としては、飛蚊症(小さなゴミのようなものが見える症状)や光視症(視界の中に閃光のようなものが見える症状)を自覚することがありますが、無症状のこともあります。病状が進んでいくと視野欠損(カーテンをかぶせられたように見えにくくなる症状)や視力低下が起きますが、網膜には痛覚がないので痛みはありません。

また、裂孔原性網膜剥離では瞳孔を大きくする目薬を点眼し、網膜が剥離しているかどうかを調べる眼底検査のほか、必要に応じて超音波検査などを行います。


参考資料(書籍名やWEBサイトなど)

網膜剥離 - 目の病気百科|参天製薬
日本眼科学会:目の病気 網膜剥離

網膜・硝子体の病気

黄斑円孔(おうはんえんこう)

中心窩の網膜に穴(孔)が空いてしまう病気です。穴自体は直径0.5mmに満たないとても小さなものですが、最も視力が鋭敏な部分にできるため、大きな影響が現れます。完全な穴が形成されてしまうと、視力は0.1前後(近視などは矯正した状態で)になってしまいます。

硝子体の収縮が関係して起こるため、後部硝子体剥離が起こる60代をピークに、その前後の年齢層の人に多発します。特に硝子体の液化が進みやすい近視の人や女性に多い傾向があります。
網膜の表面に薄皮のような膜が張ってしまった状態です。網膜の中でもモノを見る中心部のことを特に「黄斑」と呼ぶため、網膜前膜あるいは黄斑前膜といいます。膜のせいで網膜へ届く光が遮られ、その膜が縮んで網膜にシワができてしまうため、視力低下、かすんで見える、ゆがんで見えるなどの症状が出てきます


網膜・硝子体の病気

網膜前膜・黄斑前膜(もうまくぜんまく・おうはんぜんまく)

網膜の表面に薄皮のような膜が張ってしまった状態です。網膜の中でもモノを見る中心部のことを特に「黄斑」と呼ぶため、網膜前膜あるいは黄斑前膜といいます。膜のせいで網膜へ届く光が遮られ、その膜が縮んで網膜にシワができてしまうため、視力低下、かすんで見える、ゆがんで見えるなどの症状が出てきます


網膜・硝子体の病気

網膜静脈閉塞(もうまくじょうみゃくへいそく)

眼球の内側には光や色を感じる網膜という組織があります。網膜全体に分布する血管の一つが網膜静脈で、様々な原因で網膜静脈が途絶えると、網膜に出血が現れる網膜静脈閉塞症という疾患になります。網膜静脈の根元が閉塞した場合は網膜中心静脈閉塞症となり、網膜全体に出血。また、静脈の分枝が閉塞すると網膜静脈分枝閉塞症となり、網膜の限局した部位に出血します。
血圧が高く眼底出血がある場合、まずこの疾患が考えられます。急激な視力低下、突然の視野障害が代表的な症状ですが、自然によくなる場合も多く、医師の厳重な管理のもとで経過観察が必要です。

また、急激な視力低下・突然の視野障害・変視症などの症状が現れますが、まったく無症状の場合もあります。

最も多い原因は高血圧。一方で、高血圧がなくても、動脈硬化が高度な場合はそれも原因となります。また、硝子体出血や血管新生緑内障などの合併症を発症する場合もあります。

病変の範囲、部位、血管閉塞の程度を知るために、眼底検査のほか蛍光眼底造影検査を行うことがあります。最近では黄斑のむくみの程度を観察するために、光干渉断層計による検査を行うことも多くなっています。


参考資料(書籍名やWEBサイトなど)

日本眼科学会:目の病気 網膜静脈閉塞

網膜・硝子体の病気

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

年齢を重ねるとともに網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積することにより、直接あるいは間接的に黄斑部が障害され、見ようとするところが見えにくくなる病気です。人口の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しており、失明原因の第4位となっています。

大きく分けると萎縮型と滲出型の2つの種類があります。萎縮型は網膜色素上皮が徐々に萎縮していき、網膜が障害され視力が徐々に低下していく病気。滲出型は異常な血管(脈絡膜新生血管)が脈絡膜から網膜色素上皮の下あるいは網膜と網膜色素上皮の間に侵入して網膜が障害される病気です。

症状としては、ゆがんで見える変視症や視力低下、中心暗点、色覚異常が現れます。

加齢黄斑変性を正しく診断するためには、視力検査やアムスラー検査のほか、眼底検査や造影検査、光干渉断層計検査などの詳しい検査が必要です。


参考資料(書籍名やWEBサイトなど)

加齢黄斑変性 - 目の病気百科|参天製薬
日本眼科学会:目の病気 加齢黄斑変性

網膜・硝子体の病気

網膜色素変性(もうまくしきそへんせい)

目の中で光を感じる組織である網膜に異常がみられる遺伝性の病気で、日本では人口10万人に対し18.7人の患者がいると推定されています。

夜盲(暗いところでものが見えにくい)、視野狭窄(視野が狭い)、視力低下が特徴的な症状で、夜盲、視野狭窄、視力低下の順番で症状が現れることが一般的です。基本的には進行性の病気ですが、進行はとても緩やかで、数年あるいは数十年をかけて進行します。また、病状の進行速度や症状の起こる順序に個人差があります。

網膜色素変性を診断するためには、眼底検査・視野検査・蛍光眼底検査・網膜電図などの検査を行います。


参考資料(書籍名やWEBサイトなど)

<日本眼科学会:目の病気 網膜色素変性

網膜・硝子体の病気

飛蚊症(ひぶんしょう)

視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。目を動かしても、影は同じ方向に移動しかつ細かく揺れるので、その名のとおり目の前を蚊が飛んでいるように感じます。ただし、影の形はひも状のものやリング状のものなど様々です。ほとんど場合は加齢などの生理的変化によるもののため心配は不要ですが、たまに網膜剥離など重篤な疾患の前触れの場合もあるので注意が必要です。


参考資料(書籍名やWEBサイトなど)

飛蚊症 - 目の病気百科|参天製薬
日本眼科学会:目の病気 飛蚊症